スマートグリッドの経済学--スマートグリッドにより経常収支赤字化を回避せよ


 
 その多額の投資超過が健全に行われるためには、投資資金が外資によって賄われるだけでなく、国内において民間投資を活発化させなければならない。すなわち、日本国内でダイナミックなイノベーションが起こることが必要で、その候補としては、エネルギー構造改革が行われるばかりでなく、東北地方でのスマートコミュニティに向けた巨額の公的資本形成や復興特区における規制緩和や税制上のインセンティブを活用した民間投資などにより、一挙に数十兆円もの市場を顕在化できるスマートグリッドしかありえない。

前回解説したスマートグリッドとエコポイントは、経常収支が赤字にならないようにするためだけでなく、結果的に赤字になったときにも有効な戦略だ。2回にわたり解説したスマートグリッドの経済学の詳細に関しては、拙著『スマートグリッド「プラン」B−電力大改革へのメッセージ』(NTT出版、12年5月)も参考にされたい。

かとう・としはる
一般社団法人スマートプロジェクト代表。1954年生まれ、77年東京大学法学部卒、通商産業省(現経済産業省)入省、サービス産業課長、東京大学大学院客員教授、内閣審議官等を歴任。2010年スマートプロジェクトを設立。「エコポイント提唱者」として政府が進める家電エコポイント、住宅エコポイント事業に協力。

写真はイメージです。本文とは関係ありません。撮影:大澤誠
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング