IMF、世銀に対抗? BRICS銀の影響力

みずほ総合研究所政策調査部の小野有人主席研究員は「アジア開発銀行をはじめ、開発銀行はそれぞれの地域にあり、新設にメリットがあるのかは疑問。むしろIMF改革に対するいらだちを示すものではないか」と話す。4月20日からIMF、世界銀行の春季会合が開かれる。その直前にBRICSとして「銀行」という新たな基軸を打ち出すことで、存在感をあらためてアピールする狙いもありそうだ。

もっとも、構想だけで立ち上げが進展しなければ意味がない。本気で設立を進めるうえでは、「国際的な開発金融について、どれだけの人材やマネジメント能力を持っているかがポイント」(前出の関根氏)。また、BRICSの中では中国の経済規模が圧倒的に大きいだけに、出資比率やトップ人事、本部の設置場所など、それぞれの調整がどこまで円滑に進むか。実現に向けたハードルは多い。国際的な機関の中で発言力を高めたいという思いは同じでも、新銀行の実現には紆余曲折が予想される。

(井下健悟 =週刊東洋経済2012年4月14日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。