共産党機関紙「中国もTPPに参加せよ」と主張

「中国の孤立化を狙った策略という考えは誤り」

 9月25日、中国共産党の機関紙「学習時報」は、中国は環太平洋連携協定(TPP)に適切な時期に参加すべきとする解説記事を掲載した。青島で13日撮影(2015年 ロイター)

[北京 25日 ロイター] - 中国共産党の機関紙「学習時報」は25日、中国は環太平洋連携協定(TPP)に適切な時期に参加すべきとする解説記事を掲載した。

同紙は中国共産党の幹部を養成する共産党中央党校が発行する。

日米を含む12カ国は今月、TPPの大筋合意に達したが、中国は参加していない。

中国の高虎城商務相は先に、TPPが同国を標的にしていると感じられず、予想される影響を総合的に評価する考えを示している。

学習時報はTPPについて、中国の孤立や海外進出抑制を狙った「策略」とみなす向きも国内にあるが、TPPの目的には中国が目指す行政認可の削減や環境保護などが含まれると指摘。「TPPのルールと中国における改革や市場開放の方向性は合致している」とした。

その上で、「中国はTPPの動向を注視し続けるとともに、国内の改革状況に合わせて、コストを最大限抑えながら、適切な時期にTPPに参加すべき」との考えを示した。

ただ、TPP参加によって中国の国有産業がどのような影響を受けるかを慎重に検討する必要はあるとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。