「4代目プリウス」絶対王者に漂う3つの不安

爆発的ヒットの3代目を超えられるか

さらに欧州プレミアムブランド系の輸入クリーンディーゼル車のラインナップは増える一方だ。いまやBMW「3シリーズ」ではクリーンディーゼル車が販売の主力となっている。フォルクスワーゲン(VW)の世界的なスキャンダルでディーゼルエンジンのイメージはダウンしているものの、日本国内では直接的な問題は発生していないので、その影響は限定的なものになると考えられる。

ダウンサイジングターボの欧州車も強敵に

ダウンサイズターボエンジンを搭載した、ベンツAクラス(写真)やボルボV40 、ゴルフⅦのデビューは3代目プリウスの販売に少なからず影響を与えた

「ダウンサイジングターボエンジン」も新しいエコカーの潮流となった。エンジンの排気量を下げて小型化しつつも、本来は捨てるだけの排ガスを活用して出力に転換する過給器(ターボチャージャー)を付けてパワーを補い、性能を落とさずに低燃費を実現するやり方である。

これも欧州プレミアムブランドから生まれ、日本に本格的に入ってきたのは2013年。メルセデス・ベンツ「Aクラス」、ボルボ「V40」、フォルクスワーゲン「ゴルフⅦ」などの小型車に搭載され、日本でデビューした。これらのモデルはエコカー減税の対象車になった。

欧州プレミアムブランドのクリーンディーゼルやダウンサイジングターボのモデルは装備も充実し、かつてよりも手が届きやすい価格帯に設定され、今後も人気は高まっていきそうだ。可処分所得の高いユーザーも目立っていたプリウスにとっては、このようなトレンドは4代目販促の脅威になる。

実際、3代目から欧州プレミアムブランドのダウンサイジングターボモデルに買い替えたユーザーが少なくないという話は、トヨタ販売現場などから伝わってくる。新車購入から最初の車検を迎えるのは3年。3代目をデビュー直後に購入したユーザーの中には、ちょうど初回車検のタイミングに、こうしたモデルの投入がぶつかった。「燃費重視で走りの楽しみに欠ける」「質感がいまひとつ」と3代目に不満に思っていたユーザーが流れたのだ。欧州勢にとってはタイミングがよかったともいえる。

ダウンサイジングの流れを受け、4代目プリウスの販促では同じトヨタの「アクア」(写真)も意識しなければならない状況となっている

トヨタの新車ラインナップを見ても、HVのバリエーションは大きく広がり、HV=プリウスという構図でなくなっているという側面もある。世界的なダウンサイジングの流れを受けて、プリウスからアクアへ買い替えるトヨタユーザーの動きも目立ってきている。その意味では、実はアクアも4代目の「内なる敵」だ。

次ページ価格戦略に漂う不安とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。