外貨投資などの資産対策を実行していますか?--東洋経済1000人意識調査

外貨投資などの資産対策を実行していますか?--東洋経済1000人意識調査

財政赤字の拡大から円の信認が維持できるか、一部で懸念が高まっている。将来の円安進行の可能性を考えて、外貨投資などの資産対策を実行しているか聞いたところ、「あまり実行することは考えていない」が6割以上を占めた。

 

 

財政赤字の拡大から円の信任が維持できるか、一部で懸念が高まっています。将来の円安進行の可能性を考えて外貨投資などの資産対策を実行していますか?
※以下の中でもっとも近いものをお選びください。

 


(編集部 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。