地域活性化O2O「コロプラ」成功の秘密《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》

「鹿児島 朝日酢食品の薩摩かめ酢」「宮崎 果汁のグァバドリンク」「滋賀 BlueberryFieldsのジャム」。

2012年3月、携帯位置情報ゲーム「コロニーな生活」と提携する日本全国の特産品店に新たに加わった3店舗の商品だ。この結果、全国の提携店は132店舗となった。

今、深刻な過疎化が進む地方の村や離島に、知られざる地元の特産品を求めて多くの人々が押し寄せている。

11年、「コロニーな生活」を運営するコロプラは、全都道府県にある提携店との事業で月間2万人を超えるユーザーを全国の店に送客し、月間1億3000万円以上の1次需要を生み出している、と公表した。

地域活性化型O2O(オンライン・ツー・オフライン)の成功企業として知られるコロプラ。「ゲームを、おでかけのきっかけにして地域を活性化させ、日本を元気にしたい」という使命を掲げている会社だ。

現在、「コロニーな生活」を含めたコロプラ全体の有効会員数は255万人、全ユーザーの総移動距離は141億キロメートル。この距離は地球約35万2500周分という驚異的な数字だ。

「コロニーな生活」では、携帯電話の位置情報機能を利用して、実際に1キロメートル移動することでゲーム内仮想通貨1プラを獲得できる。仮想通貨を使って、自分だけの街(コロニー)を育てる。実際に移動すればするほどゲームを有利に進めることができる仕組みだ。
 
 全国700以上のスポットにエリア分けをしていて、各所にご当地の仮想アイテムが隠されている。ユーザーは20代後半~40代が多い。男女比は約半々と女性にも人気だ。

各地の特産品店との提携事業は、「コロニーな生活」のユーザーと、実店舗をつなげるO2Oビジネスといえる。

ユーザーは、提携店に足を運び、特産品を購入すると「コロカ」と呼ばれるカードを入手できる。コロカに記載されているシリアル番号を入力すると、ゲームの限定アイテムを獲得できる仕組み。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT