日用品で広がる香りブーム、脱価格競争の救世主

高単価の香り付き商材普及にはネット上の口コミも一役買っている。ブームの先駆けとなった米P&Gの柔軟剤「ダウニー」も05年の輸入開始当初は鳴かず飛ばずだったが、ブログなどを通じて若い女性を中心に徐々に知名度が向上。08年に人気に火がついた。こうした商材では口コミの威力が大きいとされ、現在では各社がテレビCMに加え、特設サイトを開設。細かな情報発信を行っている。

「600円程度と非常に高い製品なので、このデフレ下ではそれほど売れないだろうと思っていたため、非常に好調で驚いた」と桐山一憲P&G社長は話す。大きなぜいたくを控える一方、日々の生活の中でちょっとした楽しみや癒やしを求める傾向が強まっているという。ブームはどこまで広がるのか。

ユニ・チャームの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


エステーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(長瀧菜摘 撮影:谷川真紀子 =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。