外国人投資家が買った会社、売った会社外国人持ち株比率・同増減ランキング

外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期10~12月)で新たに増加ランキング入りしたのは6社。2位の陽光都市開発は債務超過を回避するため、昨年12月に中国・徳威グループの投資会社に第三者割当増資を実施。4位ラオックスは昨年8月に第三者割当増資を行い、中国・蘇寧電器の子会社2社に株式を割り当てた。この結果、出資比率は33.7%から65.3%に増加している。

一方、減少ポイント上位20社での新登場は6社。1位PGMホールディングスは今まで米国ローン・スター・ファンドの傘下にあったが、昨年11月にパチンコ機器大手・平和が公募増資を行い親会社となった。7位EMCOMホールディングスは2位株主だった韓国のインターネット関連会社エーツーアイが株式を手放し、外国人持ち株比率が37.5%から27.0%に下落。代わってオンラインゲーム企画会社ネトモが2位に浮上した。

[+表をクリックして拡大]


【調査の説明】
東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原 和樹 =東洋経済オンライン)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT