外国人投資家が買った会社、売った会社外国人持ち株比率・同増減ランキング

外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期10~12月)で新たに増加ランキング入りしたのは6社。2位の陽光都市開発は債務超過を回避するため、昨年12月に中国・徳威グループの投資会社に第三者割当増資を実施。4位ラオックスは昨年8月に第三者割当増資を行い、中国・蘇寧電器の子会社2社に株式を割り当てた。この結果、出資比率は33.7%から65.3%に増加している。

一方、減少ポイント上位20社での新登場は6社。1位PGMホールディングスは今まで米国ローン・スター・ファンドの傘下にあったが、昨年11月にパチンコ機器大手・平和が公募増資を行い親会社となった。7位EMCOMホールディングスは2位株主だった韓国のインターネット関連会社エーツーアイが株式を手放し、外国人持ち株比率が37.5%から27.0%に下落。代わってオンラインゲーム企画会社ネトモが2位に浮上した。

[+表をクリックして拡大]


【調査の説明】
東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原 和樹 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。