ラグビーW杯、日本が米国に28-18で勝利

W杯1次リーグで3勝目の快挙

 10月11日、ラグビーの日本代表は、W杯イングランド大会1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した(2015年 ロイター)

[グロスター(英国) 11日 ロイター] - ラグビーの日本代表は11日、ワールドカップ(W杯)イングランド大会、1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した。

日本は3勝1敗とし、勝ち点12の3位で終了。B組からは勝ち点16の南アフリカ、同14のスコットランドが準々決勝に進んだ。3勝を挙げながらもW杯1次リーグで敗退したのは日本が初めて。米国は4戦全敗に終わった。

日本のエディー・ジョーンズ監督は「敗退したのは残念だが、われわれにとって素晴らしいW杯だった」とコメント。「選手たちは懸命に努力し、ラグビーのあるべき形を強い気持ちとプレーで示した」とチームをたたえた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。