ラグビーW杯、日本が米国に28-18で勝利

W杯1次リーグで3勝目の快挙

 10月11日、ラグビーの日本代表は、W杯イングランド大会1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した(2015年 ロイター)

[グロスター(英国) 11日 ロイター] - ラグビーの日本代表は11日、ワールドカップ(W杯)イングランド大会、1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した。

日本は3勝1敗とし、勝ち点12の3位で終了。B組からは勝ち点16の南アフリカ、同14のスコットランドが準々決勝に進んだ。3勝を挙げながらもW杯1次リーグで敗退したのは日本が初めて。米国は4戦全敗に終わった。

日本のエディー・ジョーンズ監督は「敗退したのは残念だが、われわれにとって素晴らしいW杯だった」とコメント。「選手たちは懸命に努力し、ラグビーのあるべき形を強い気持ちとプレーで示した」とチームをたたえた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。