新アイパッドは「2S」 独走へ手打つアップル

が、アップルにしてみればアイパッドの製品コンセプトを変更する理由などない。なにしろ2年前の発売から今に至るまで販売台数は絶好調。昨年10~12月期だけで約1550万台販売し、同時期のタブレット端末でのシェアは58%に及ぶ(米ストラテジーアナリティクス社調べ)。

11月にアマゾンが低価格タブレット「キンドル・ファイヤ」を発売したことで前年同期から10%ほどシェアダウンしたものの、100社以上が参入する中での独走態勢は変わっていない。

「アップルはポストPC革命の先端にいる。アイポッド、アイフォーン、アイパッドがまさにそれだ。多くの会社がこのうち一つだけでも欲しいと思っているが、幸いすべてアップルの製品だ」(ティム・クックCEO)

圧倒的な強さは、いつまで続くのだろうか。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2012年3月17日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。