W杯米国戦では「最高のプレーが必要」

ラグビー日本代表監督が言明

 10月4日、ラグビーのW杯イングランド大会に出場している日本代表のエディー・ジョーンズ監督は、次の米国戦では最高のプレーをする必要があるとの考えを示した。英国グロスターで9月撮影(2015年 ロイター)

[ロンドン 4日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会に出場している日本代表のエディー・ジョーンズ監督は、次の米国戦では最高のプレーをする必要があるとの考えを示した。

1次リーグB組の日本は3日、サモアに26─5で快勝。準々決勝進出に望みをつないだ。10日にスコットランドがサモアに負けた場合、日本は11日の米国戦に勝てば、W杯では初の8強入りとなる。

ジョーンズ監督は4日、「これまでのW杯での米国─日本戦では、毎回米国が勝っている」とコメント。「今回の試合では最高のプレーをする必要がある」と気持ちを引き締めた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。