国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

最高裁判所は、国家斉唱の際に起立しなかった教員への戒告を「懲戒権者の裁量の範囲」とした一方、停職や減給にした東京都の処分は重すぎるとの判決を下した。ただ、アンケートでは東京都の処分を妥当と考える人が4割に上った。

最高裁は、入学・卒業式で国歌斉唱する際に起立しなかった教員を停職や減給にした東京都教育委員会の懲戒処分を「重すぎる」との判決を下しました。
あなた自身は東京都教育委員会の懲戒処分についてどう思いますか。


(編集部 撮影:尾形文繁=週刊東洋経済2012年3月3日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。