国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

最高裁判所は、国家斉唱の際に起立しなかった教員への戒告を「懲戒権者の裁量の範囲」とした一方、停職や減給にした東京都の処分は重すぎるとの判決を下した。ただ、アンケートでは東京都の処分を妥当と考える人が4割に上った。

最高裁は、入学・卒業式で国歌斉唱する際に起立しなかった教員を停職や減給にした東京都教育委員会の懲戒処分を「重すぎる」との判決を下しました。
あなた自身は東京都教育委員会の懲戒処分についてどう思いますか。


(編集部 撮影:尾形文繁=週刊東洋経済2012年3月3日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。