高層ビルの窓から15秒以内に脱出する方法

9・11テロの悲劇から生まれた簡単ツール

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

緊急事態を予知することはできない。しかし…そうした事態に備えることはできる。

スカイセイバー社のバックパックが役立つのはこんな場面だ。スカイセイバーの副社長、ヨヴ・プライス氏は、この簡単に使えるナップサックが、どのようにして、素早く脱出ルートを作り出してくれるのかを説明する。

「まずこれが背負って、カチッと操作できるバックバックです。2番目に壁のところに行って、あらかじめ用意されている留め具にワイヤーの先端を引っ掛けます。そして3番目に、窓から抜け出します。それだけです。残りのことは、スカイセイバー社があなたのためにやっておきます」。

開発のきっかけは9・11テロ

プライス氏は、このバッグパックは9月11日のテロ攻撃の後、簡単な脱出戦略として開発されたのだという。異なる高さでの使用が可能で窓から地面までの最大の長さは、260フィート、つまり79メートルとなっている。

あらかじめ準備しておかなければならないことは、事前に、建物の窓の内側にフックを取り付けておくことだけ。「窓の外に出るまで、15秒以上はかかりません」(プライス氏)。

このバックパックは、750~850ドルの価格で、アマゾンで販売されている。ペット用、子供用のバージョンも、もうじき発売される予定だという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT