高層ビルの窓から15秒以内に脱出する方法

9・11テロの悲劇から生まれた簡単ツール

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

緊急事態を予知することはできない。しかし…そうした事態に備えることはできる。

スカイセイバー社のバックパックが役立つのはこんな場面だ。スカイセイバーの副社長、ヨヴ・プライス氏は、この簡単に使えるナップサックが、どのようにして、素早く脱出ルートを作り出してくれるのかを説明する。

「まずこれが背負って、カチッと操作できるバックバックです。2番目に壁のところに行って、あらかじめ用意されている留め具にワイヤーの先端を引っ掛けます。そして3番目に、窓から抜け出します。それだけです。残りのことは、スカイセイバー社があなたのためにやっておきます」。

開発のきっかけは9・11テロ

プライス氏は、このバッグパックは9月11日のテロ攻撃の後、簡単な脱出戦略として開発されたのだという。異なる高さでの使用が可能で窓から地面までの最大の長さは、260フィート、つまり79メートルとなっている。

あらかじめ準備しておかなければならないことは、事前に、建物の窓の内側にフックを取り付けておくことだけ。「窓の外に出るまで、15秒以上はかかりません」(プライス氏)。

このバックパックは、750~850ドルの価格で、アマゾンで販売されている。ペット用、子供用のバージョンも、もうじき発売される予定だという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。