イラン産原油の輸入削減に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

イラン産原油の輸入削減に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

イランに経済制裁を行うため、米国は日本にイラン産原油の輸入削減を求めている。実施されればガソリン価格の高騰などが予想される。EU(欧州連合)は7月から全面禁輸の方針だが、アンケートでは、賛成より反対意見のほうが多かった。

イランに経済制裁を行うため、米国は日本にイラン産原油の輸入削減を求めています。
輸入削減に賛成ですか、反対ですか?


(編集部 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年2月25日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。