タブーの正体!マスコミが「あのこと」に触れない理由 川端幹人著

タブーの正体!マスコミが「あのこと」に触れない理由 川端幹人著

「タブーなき反権力ジャーナリズム」をうたい文句に、大手メディアが触れられないスキャンダラスな話題を果敢に報道してきた雑誌『噂の眞相』。著者は、休刊したこの雑誌の副編集長をかつて務め、自ら皇室問題や検察批判、政界スキャンダルを精力的に取材・執筆してきた。

メディアがある特定の報道対象・領域を前にして、途端に沈黙してしまう構造を、闇に葬られた数々の実例を交えながら暴く。ここから見えてくるのは、「報道の自由」を掲げるマスコミが、いかに暴力や権力、おカネに弱いかという姿である。

著者自身、右翼からの襲撃を受け大ケガを負って以降、自分の弱さを知ったと忸怩(じくじ)たる思いで告白している。

ちくま新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT