タブーの正体!マスコミが「あのこと」に触れない理由 川端幹人著

タブーの正体!マスコミが「あのこと」に触れない理由 川端幹人著

「タブーなき反権力ジャーナリズム」をうたい文句に、大手メディアが触れられないスキャンダラスな話題を果敢に報道してきた雑誌『噂の眞相』。著者は、休刊したこの雑誌の副編集長をかつて務め、自ら皇室問題や検察批判、政界スキャンダルを精力的に取材・執筆してきた。

メディアがある特定の報道対象・領域を前にして、途端に沈黙してしまう構造を、闇に葬られた数々の実例を交えながら暴く。ここから見えてくるのは、「報道の自由」を掲げるマスコミが、いかに暴力や権力、おカネに弱いかという姿である。

著者自身、右翼からの襲撃を受け大ケガを負って以降、自分の弱さを知ったと忸怩(じくじ)たる思いで告白している。

ちくま新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT