ユーロ安でも値下げせず、強気な輸入車が絶好調


そこには自信がみなぎる。アウディジャパンの大喜多寛社長は「国産車はあまりにもエコと軽に振りすぎ。楽しさが感じられない車が増えている。輸入車はそこを失っていない」と胸を張る。

年が明けても欧州車の勢いは継続している。全国のベンツ正規販売店が1月に開催した二日間のフェアでは前年比約3割増となる317件の受注を獲得した。「例年、年末に販売が伸び1月は落ちる傾向にあるが販売店の熱気はすごい」(上野金太郎メルセデス・ベンツ日本副社長)。VW日本法人のゲラシモス・ドリザス社長も「12年の輸入車販売は10%増の22万台程度になる」と鼻息は荒い。

ただ、今年は震災の影響が一服し、エコカー減税、補助金などの効果で国産車も上向くのは必至。トヨタ自動車は1月25日、今年の国内販売を前年比36%増の163万台とし、昨年末に策定した計画を上方修正した。欧州車の真価が問われるのはこれからだ。

(又吉龍吾 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2012年2月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。