ユーロ安でも値下げせず、強気な輸入車が絶好調


そこには自信がみなぎる。アウディジャパンの大喜多寛社長は「国産車はあまりにもエコと軽に振りすぎ。楽しさが感じられない車が増えている。輸入車はそこを失っていない」と胸を張る。

年が明けても欧州車の勢いは継続している。全国のベンツ正規販売店が1月に開催した二日間のフェアでは前年比約3割増となる317件の受注を獲得した。「例年、年末に販売が伸び1月は落ちる傾向にあるが販売店の熱気はすごい」(上野金太郎メルセデス・ベンツ日本副社長)。VW日本法人のゲラシモス・ドリザス社長も「12年の輸入車販売は10%増の22万台程度になる」と鼻息は荒い。

ただ、今年は震災の影響が一服し、エコカー減税、補助金などの効果で国産車も上向くのは必至。トヨタ自動車は1月25日、今年の国内販売を前年比36%増の163万台とし、昨年末に策定した計画を上方修正した。欧州車の真価が問われるのはこれからだ。

(又吉龍吾 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2012年2月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT