ユーロ安でも値下げせず、強気な輸入車が絶好調

輸入車が絶好調だ。2011年の外国車メーカーの輸入車登録台数は前年比13・1%増の20万5857台と4年ぶりに20万台の大台を突破。震災の影響などで全体の登録車台数が16・7%減と大きく落ち込む中、国産車からシェアを奪っている。

特に存在感が増しているのがドイツの高級車アウディだ。昨年は25・6%増の2万1166台と過去最高を更新した。主力車種のラインナップ充実や300万円以下で購入できるエントリーモデル「A1」が牽引し、日本で人気が高い2大ブランド「ベンツ」「BMW」に肩を並べる勢いだ。

そのベンツとBMWもそれぞれ7・4%増、5・5%増と安定感は抜群。輸入車として12年連続で首位を守ったドイツのフォルクスワーゲン(VW)も8・4%増の5万0635台と伸長。新規顧客のうち約5割は国産車からの乗り換えだ。

欧州の輸入車メーカー各社は、歴史的な円高でも車両本体価格を値下げしない強気な姿勢を貫いている。輸入車の決済が円建てであることに加え、買う時期によって顧客に不公平感を与えたくない、中古車価格への影響を避けたいとの思惑があるからだ。消費者には、低金利ローンや無償修理などアフターサービスの充実で還元を図った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。