【産業天気図・自動車】日本車優位続く。ガソリン下落でも省燃費車・小型車が世界的人気

過去3カ月間に、自動車業界の見通しで大きな変化はない。この間、ガソリン価格の下落(それでも高騰以前よりは高止まり)が最大の変化だが、主要市場でのトレンドに変化がないためだ。
 日本車メーカーの「ドル箱」米国では、依然として燃費に優れる小型乗用車の人気が続き、日本でも引き続き軽自動車が好調だ。欧州でも日本と同様、コンパクトカーの拡大が続いている。新興市場も、中国やインドの成長に陰りは見えない。
 こうした中、今年米国で2ケタ増を続けるトヨタ自動車<7203.東証>を筆頭に、各社とも総じて海外市場での拡大が続いている。米国市場は減速傾向に歯止めがかかっていないものの、省燃費を売りとする日本車への支持が高いためだ。国内は軽自動車を除き、一般の登録車が不振のため、各社とも販売は低迷中。ただ海外拡大による輸出増でトヨタやホンダ<7267.東証>、マツダ<7261.東証>など国内生産はフル稼働状態のところが多く、国内での収益も順調である。
 例外的に不調なのは日産自動車<7201.東証>と富士重工業<7270.東証>だろう。日産は新車投入が少ない国内での長期低迷が予想される一方、今下期から新車投入攻勢に出た北米では、ライトトラック(ピックアップトラックやSUV、ミニバンの総称)が一転して大幅減に見舞われ、今下期挽回とのシナリオは想定を下回りそうだ。富士重は国内外とも販売低迷が続く。来春から北米でトヨタ「カムリ」の受託生産(年産10万台)が始まることが唯一の明るい材料と言える。
【野村明弘記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。