東芝は、どうやって事業構造を変えるのか

3本柱のポートフォリオ見直しを示唆

会見が終わっても記者団に取り囲まれる室町社長

またこの日は、取締役会と指名、報酬、監査委員会の顔ぶれについても、発表した。取締役会の議長は資生堂相談役の前田新造氏が務める。また各委員会は、全員社外取締役で構成する。

未定としていた室町社長以外の社内取締役3人も明らかになった。ヘルスケア事業開発部長などを務めてきた綱川智氏や、人事や総務畑の牛尾文昭氏のほか、子会社の東芝テックからもCFO(最高財務責任者)として平田政善氏を招いた。平田氏は元々東芝にいたが、その後米ウエスチングハウスの取締役を務め、東芝テックのCFOに就いたというキャリアがあったが、9月6日付けで東芝テックを辞任した。これらの人事は、9月30日に行われる臨時株主総会で、正式に選任される見通しだ。

2015年3月期の決算発表と過年度修正を終え、いったんは落ち着いたようにみえる東芝。だが、9月14日には2016年3月期の第1四半期報告書の提出、同月30日には臨時株主総会が予定されている。事業構造改革や内部統制の改善など、経営陣がやらなければならない課題は山積みだ。東芝の再建の道のりはまだまだ厳しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。