東芝は、どうやって事業構造を変えるのか

3本柱のポートフォリオ見直しを示唆

会見が終わっても記者団に取り囲まれる室町社長

またこの日は、取締役会と指名、報酬、監査委員会の顔ぶれについても、発表した。取締役会の議長は資生堂相談役の前田新造氏が務める。また各委員会は、全員社外取締役で構成する。

未定としていた室町社長以外の社内取締役3人も明らかになった。ヘルスケア事業開発部長などを務めてきた綱川智氏や、人事や総務畑の牛尾文昭氏のほか、子会社の東芝テックからもCFO(最高財務責任者)として平田政善氏を招いた。平田氏は元々東芝にいたが、その後米ウエスチングハウスの取締役を務め、東芝テックのCFOに就いたというキャリアがあったが、9月6日付けで東芝テックを辞任した。これらの人事は、9月30日に行われる臨時株主総会で、正式に選任される見通しだ。

2015年3月期の決算発表と過年度修正を終え、いったんは落ち着いたようにみえる東芝。だが、9月14日には2016年3月期の第1四半期報告書の提出、同月30日には臨時株主総会が予定されている。事業構造改革や内部統制の改善など、経営陣がやらなければならない課題は山積みだ。東芝の再建の道のりはまだまだ厳しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT