国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

12月9日に臨時国会は閉会し、「国家公務員の給与を平均7.8%引き下げる」とした法案成立は来年に持ち越された。アンケートは賛成が多数を占めたが、0.23%の引き下げを求めた人事院勧告をめぐって与野党で意見がまとまらなかった。

政府は、国家公務員の給与を平均0.23%引き下げるよう求めた人事院勧告の実施を見送り、平均約7.8%引き下げる特例法案の成立を目指しています。

法案成立に賛成ですか、反対ですか。


(編集部 =週刊東洋経済2011年12月24-31日新春合併特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。