国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

12月9日に臨時国会は閉会し、「国家公務員の給与を平均7.8%引き下げる」とした法案成立は来年に持ち越された。アンケートは賛成が多数を占めたが、0.23%の引き下げを求めた人事院勧告をめぐって与野党で意見がまとまらなかった。

政府は、国家公務員の給与を平均0.23%引き下げるよう求めた人事院勧告の実施を見送り、平均約7.8%引き下げる特例法案の成立を目指しています。

法案成立に賛成ですか、反対ですか。


(編集部 =週刊東洋経済2011年12月24-31日新春合併特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。