研究開発を最重視した中国空調大手の「格力」、エアコン生産首位への20年

また、格力の空調機を解剖、消費者に部品を全部見せることで、消費者からカネをむしる「下心」がないことを強調した。東南アジアからコンプレッサーを輸入して安売りする空調機メーカーは一敗地にまみれた。

また、空前の自動車ブーム、不動産ブーム、ITブームが中国に到来すると、同業他社はわれ先に便乗した。だが格力は、本業は空調機だといって方針を変えなかった。結局、便乗メーカーは失敗し、空調機の天下は完全に格力の手に握られた。

海外進出へ注力 100超の国に輸出

品質にこだわる格力に注目する外国企業も現れた。93年に松下電器産業(現パナソニック)、大金(ダイキン工業)などが、OEM生産を打診してきた。格力が生産したOEM空調機は、家電王国の日本にまで輸出されることになった。

その頃、格力は自社ブランドで海外市場に進出するか迷っていた。98年、董総裁は時間を割いて外国を歴訪。帰国後、朱江洪会長にブラジルなら勝算ありとの報告書を提出する。その2年後に、ブラジルに3000万ドルを投資し、年間20万台の空調機を生産する格力電器(ブラジル)有限公司を設立した。

それ以降、格力はブラジルの24州に200以上の代理店網を作り、1000人以上の販売要員をそろえた。今では「ブラジルでグリーを知らない人はいない」と、格力の販売要員は自慢げに語る。

ブラジルでの成功をきっかけに、格力は世界進出のテンポを速めた。現在では100以上の国に輸出している。ブラジル以外には、ベトナムやパキスタン、米国などにも生産拠点を設けた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT