レッドソックス上原が絶対に譲れないこと

骨折しても"雑草魂"は健在だった

打球を右前腕で止め、顔をしかめる上原投手。このあと右手首の骨折が判明した(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

上原を襲った「8月の悪夢」

ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイパークは、メジャー・リーグでもっともチケットの入手が困難なスタジアムといわれている。

筆者がヤンキース、ドジャースなどと並ぶこの名門球団を久しぶりに訪れたのは、先月の8月のことだ。ロッカールームに続く通路には、2013年のワールド・シリーズでチャンピオンになった写真が並んでいる。そのなかでもっとも目立っているのが、最終戦をクローザーとして締めくくって、右手を突き上げる上原浩治の姿だ。

2013年、レッドソックスが地元でワールド・シリーズを制覇するのは実に95年ぶりだった。上原が「世界一」の栄光を手に入れた瞬間をながめながら、日本人として誇らしく思ったものだ。

その上原に悪夢が起きたのは8月7日(日本時間8日)のタイガース戦だ。7-2の9回1死満塁の場面で登板。イグレシアスを空振り三振にとった直後だ。

最後の打者キンズラーの痛烈なピッチャー返しの打球を右前腕で止め、一塁でアウトにして試合終了。そのままうずくまったが、精密検査の結果、右手首骨折の診断を下された。

次ページなぜ上原は打球に手を出したのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。