外国人投資家が買った会社、売った会社--外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期2011年4~6月)で新たに増加ランキング入りしたのは18社。1位のサハダイヤモンドは一昨年発行した新株予約権が今年5月に海外の投資ファンドへ譲渡され、大きく外国人持ち株比率を上げている。3位ミネルヴァ・ホールディングスは仏スポーツ用品の製造・小売大手オキシレングループと提携し、第三者割当を行った(筆頭株主は同グループの投資会社)。4位の昭和電線ホールディングスも同じく、中国の業務提携先である富通(フートン)グループに第三者割当を実施。同グループが筆頭株主となっている。

一方、減少ポイント上位20社中の新登場は15社。2位バンテックは日立物流がTOB(株式公開買い付け)を行い、発行済み株式の8割以上を保有する親会社となった。6位ランドは今年8月の第三者割当で国内投資会社に新株を発行。10位フェローテックは7月に公募および第三者割当増資を実施し、単元株主数が2倍以上に増えた。

[+表をクリックして拡大]

■本調査について
 東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原 和樹 =東洋経済オンライン)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。