ベンツの新型ハイブリッドは、他とは違う

日本初「ディーゼル+モーター」の強みとは?

ベンツSクラスの2割を「S300ハイブリッド」が占めるという見通しを示した上野社長

「2015年は日本でエンジン革命が起きる」

8月27日、ベンツの旗艦車種である「Sクラス」に、日本で初めてクリーンディーゼルハイブリッドモデル「S300h」を追加投入することになったメルセデス・ベンツ日本。日本法人の上野金太郎社長は、新車種が日本の自動車市場へ与えるインパクトに自信を示した。

日本人には耳慣れない「ディーゼルハイブリッド」とは、ディーゼルエンジンの特徴である高い走行性能と、電気モーターを使用した省エネ効果をダブルで期待できる駆動方式のこと。ただ、ディーゼルと電気モーターを組み合わせると、通常は車体価格がハネ上がってしまう。実際に、ベンツ以外に量販モデルを世界で展開しているのはプジョーシトロエンだけだが、同社も日本へはまだ投入していない。

意欲的な価格で勝負

だが、今回ベンツが発表した「S300h」の価格は998万円からとSクラスの中では最安値。「Sクラス販売台数全体の2割程度を目指す」(上野社長)というだけあって意欲的な価格設定になっている。

ガソリン車が主流の日本で、なぜディーゼルなのか。国内の自動車販売台数が低迷する中にあって、実はディーゼル車の新車販売台数が急激に伸びている。2015年1月から6月までの販売台数は8万台を突破。2014年の1年間の販売台数7.9万台を半年でクリアしたのだ。

次ページディーゼル車の強みとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT