ベンツの新型ハイブリッドは、他とは違う

日本初「ディーゼル+モーター」の強みとは?

ベンツSクラスの2割を「S300ハイブリッド」が占めるという見通しを示した上野社長

「2015年は日本でエンジン革命が起きる」

8月27日、ベンツの旗艦車種である「Sクラス」に、日本で初めてクリーンディーゼルハイブリッドモデル「S300h」を追加投入することになったメルセデス・ベンツ日本。日本法人の上野金太郎社長は、新車種が日本の自動車市場へ与えるインパクトに自信を示した。

日本人には耳慣れない「ディーゼルハイブリッド」とは、ディーゼルエンジンの特徴である高い走行性能と、電気モーターを使用した省エネ効果をダブルで期待できる駆動方式のこと。ただ、ディーゼルと電気モーターを組み合わせると、通常は車体価格がハネ上がってしまう。実際に、ベンツ以外に量販モデルを世界で展開しているのはプジョーシトロエンだけだが、同社も日本へはまだ投入していない。

意欲的な価格で勝負

だが、今回ベンツが発表した「S300h」の価格は998万円からとSクラスの中では最安値。「Sクラス販売台数全体の2割程度を目指す」(上野社長)というだけあって意欲的な価格設定になっている。

ガソリン車が主流の日本で、なぜディーゼルなのか。国内の自動車販売台数が低迷する中にあって、実はディーゼル車の新車販売台数が急激に伸びている。2015年1月から6月までの販売台数は8万台を突破。2014年の1年間の販売台数7.9万台を半年でクリアしたのだ。

次ページディーゼル車の強みとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。