経産省主導で始まった製油所閉鎖のドミノ

拡大
縮小


規制数値の達成期限は13年度中で、実現できない場合は行政処分が課される。出光は徳山閉鎖で達成にメドがつき、今秋に川崎の扇町製油所を閉鎖した昭和シェル石油も基準をクリアした。残るJX日鉱日石エネルギー、東燃ゼネラル石油、コスモ石油の3社は、具体的な対応策を検討中だ。

中でも東燃ゼネラルとコスモは能力削減率のハードルが高く、一部製油所の閉鎖に踏み切る可能性が大きい。これまで元売り各社は雇用などの痛みを伴う製油所閉鎖に消極的だったが、今後は製油所の統廃合が加速しそうだ。

出光興産の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:渡辺清治 =週刊東洋経済2011年11月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT