あのベルサイユ宮殿が高級ホテルを計画

1680年代の建物を改装

 8月16日、フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。写真は6月、ベルサイユ宮殿の入り口(2015年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 16日 ロイター] - フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。

ホテルは、ベルサイユの公園入り口付近にある1680年代の3つの建物を改装する形で作るという。

管理当局は入札を公募。老朽化した建物自体のリノベーションに400万─700万ユーロ(約5億5000万─9億6500万円)かかり、さらにホテルに改装するのに同程度のコストがかかる見通しだという。応札期限は9月14日。

数年前にもホテル建設の話があったが、実現しなかった。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT