あのベルサイユ宮殿が高級ホテルを計画

1680年代の建物を改装

 8月16日、フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。写真は6月、ベルサイユ宮殿の入り口(2015年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 16日 ロイター] - フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。

ホテルは、ベルサイユの公園入り口付近にある1680年代の3つの建物を改装する形で作るという。

管理当局は入札を公募。老朽化した建物自体のリノベーションに400万─700万ユーロ(約5億5000万─9億6500万円)かかり、さらにホテルに改装するのに同程度のコストがかかる見通しだという。応札期限は9月14日。

数年前にもホテル建設の話があったが、実現しなかった。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。