あのベルサイユ宮殿が高級ホテルを計画

1680年代の建物を改装

 8月16日、フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。写真は6月、ベルサイユ宮殿の入り口(2015年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 16日 ロイター] - フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。

ホテルは、ベルサイユの公園入り口付近にある1680年代の3つの建物を改装する形で作るという。

管理当局は入札を公募。老朽化した建物自体のリノベーションに400万─700万ユーロ(約5億5000万─9億6500万円)かかり、さらにホテルに改装するのに同程度のコストがかかる見通しだという。応札期限は9月14日。

数年前にもホテル建設の話があったが、実現しなかった。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。