あのベルサイユ宮殿が高級ホテルを計画

1680年代の建物を改装

 8月16日、フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。写真は6月、ベルサイユ宮殿の入り口(2015年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 16日 ロイター] - フランスのジュルナル・デュ・ディマンシュ紙によると、ベルサイユ宮殿の管理当局が財務改善のため、高級ホテル会社との合弁を計画している。

ホテルは、ベルサイユの公園入り口付近にある1680年代の3つの建物を改装する形で作るという。

管理当局は入札を公募。老朽化した建物自体のリノベーションに400万─700万ユーロ(約5億5000万─9億6500万円)かかり、さらにホテルに改装するのに同程度のコストがかかる見通しだという。応札期限は9月14日。

数年前にもホテル建設の話があったが、実現しなかった。 

関連記事
トピックボードAD
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。