サムスン、スマホGalaxyの最新版を発表

モバイル決済サービスも開始

 8月13日、韓国サムスン電子は新機種「ギャラクシー・ノート5」と「ギャラクシーS6エッジプラス」を発表した。モバイル決済サービス「サムスン・ペイ」も開始へ。ニューヨークで撮影(2015年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ニューヨーク/ソウル 13日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は13日、スマートフォン(スマホ)「ギャラクシー」シリーズの新機種「ノート5」と「S6エッジプラス」を発表した。

「ノート5」は一段と高速化したプロセッサを搭載。「S6エッジプラス」は画面サイズが5.7インチで、旧機種の5.1インチから拡大した。発売は米、カナダで8月21日から。

サムスンは世界最大のスマホメーカーだが、第2・四半期には「S6」モデルを発売したにもかかわらず市場シェアが低下した。巻き返しを図るサムスンは「ノート5」の発表を当初予定から繰り上げ、9月にも最新「iPhone」投入が見込まれるアップル<AAPL.O>に先行した。

サムスン電子アメリカの製品戦略・マーケティング担当バイスプレジデント、ジャスティン・デニソン氏は「ノート」について「新製品が出るたびに、旧機種よりも人気が出る」と述べ、期待感をにじませた。

一方、サムスンの新機種には懐疑的な意見も聞かれた。「ラボ・レビューズ」のジョナサン・ロウビニ編集長は、差別化が十分ではないなどとし「アップルからのシェア奪回は難しいのではないか」と述べた。

サムスンはまた、モバイル決済サービス「サムスン・ペイ」を韓国で8月20日から、米国で9月28日から開始すると発表した。「ノート5」「S6エッジプラス」がともに対応する。

「サムスン・ペイ」は今後、英国やスペイン、中国でもサービスを開始するというが、開始時期など詳細については明らかにしなかった。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT