東京メトロの安全は、あのiPadが守っている

電子化が進むトンネルカルテとは?

運行を止めることなく点検・修繕ができる秘密は?(写真 : Ai-Tak / PIXTA)

東京の交通の要として知られる地下鉄のネットワーク。東京メトロは、195.1kmにも及ぶ各路線で、365日休むことなく運行を続けながら、路線の精密な管理を行ってきた。

そこに導入された新たなデバイスはiPad AirとiPad Air 2だ。東京メトロのトンネル管理や修繕の場面で、膨大な量の紙を廃し、分析の効率化に寄与する活用について、東京地下鉄株式会社鉄道本部工務部土木課を取材した。

運行を止めずに安全を管理する

東京メトロは、世界でも希有な存在といえる。安全運行のためには線路やトンネル、さまざまな設備の日々の点検と修繕などが欠かせないが、そのために列車の運行を止めることをしないからだ。

筆者が住む米国サンフランシスコ周辺には、湾岸地域を取り囲むBARTと呼ばれる高速鉄道がある。サンフランシスコと対岸の港湾都市オークランドの間には、湾をくぐる長いトンネル区間が存在する。
8月はじめの週末の2日間、集中工事のためこの区間の列車の運行をやめたため、普段行き来できるはずのサンフランシスコ・オークランド間の移動ができなくなってしまった。そのため、車やバスなどの代替手段を使わなければならなかった。ちなみに、9月最初の週末の3日間も、同様の運行停止が予定されている。

東京メトロは、こうした運行停止による工事を避けている。しかし線路やトンネルの安全な点検や修繕も行う。これが世界に誇れる鉄道屋としての誇りなのだという。

では、いつ点検や工事を行うのか? それは運行が終わった後の深夜時間帯だ。しかし、毎日終電後、翌日の運行のために準備を行うまでの時間はせいぜい1~2時間程度しかない。

そうしたなかで、全線について、1カ月に3回の線路の検査と、2年に1回のトンネル検査(通常全般検査)、20年に1回の詳細なトンネル検査(特別全般検査)をこなしていかなければならない。これらは法令で定められた必須の検査であり、それ以外にも修繕なども行う必要がある。
とにかく、時間がないのだ。そこで工夫が必要になる。

次ページiPadとiBeaconを使ったトンネル検査とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT