東京メトロの安全は、あのiPadが守っている

電子化が進むトンネルカルテとは?

運行を止めることなく点検・修繕ができる秘密は?(写真 : Ai-Tak / PIXTA)

東京の交通の要として知られる地下鉄のネットワーク。東京メトロは、195.1kmにも及ぶ各路線で、365日休むことなく運行を続けながら、路線の精密な管理を行ってきた。

そこに導入された新たなデバイスはiPad AirとiPad Air 2だ。東京メトロのトンネル管理や修繕の場面で、膨大な量の紙を廃し、分析の効率化に寄与する活用について、東京地下鉄株式会社鉄道本部工務部土木課を取材した。

運行を止めずに安全を管理する

東京メトロは、世界でも希有な存在といえる。安全運行のためには線路やトンネル、さまざまな設備の日々の点検と修繕などが欠かせないが、そのために列車の運行を止めることをしないからだ。

筆者が住む米国サンフランシスコ周辺には、湾岸地域を取り囲むBARTと呼ばれる高速鉄道がある。サンフランシスコと対岸の港湾都市オークランドの間には、湾をくぐる長いトンネル区間が存在する。
8月はじめの週末の2日間、集中工事のためこの区間の列車の運行をやめたため、普段行き来できるはずのサンフランシスコ・オークランド間の移動ができなくなってしまった。そのため、車やバスなどの代替手段を使わなければならなかった。ちなみに、9月最初の週末の3日間も、同様の運行停止が予定されている。

東京メトロは、こうした運行停止による工事を避けている。しかし線路やトンネルの安全な点検や修繕も行う。これが世界に誇れる鉄道屋としての誇りなのだという。

では、いつ点検や工事を行うのか? それは運行が終わった後の深夜時間帯だ。しかし、毎日終電後、翌日の運行のために準備を行うまでの時間はせいぜい1~2時間程度しかない。

そうしたなかで、全線について、1カ月に3回の線路の検査と、2年に1回のトンネル検査(通常全般検査)、20年に1回の詳細なトンネル検査(特別全般検査)をこなしていかなければならない。これらは法令で定められた必須の検査であり、それ以外にも修繕なども行う必要がある。
とにかく、時間がないのだ。そこで工夫が必要になる。

次ページiPadとiBeaconを使ったトンネル検査とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。