オキュラス、仮想現実利用映画第2弾を公開

端末を利用すると360度パノラマに

 7月28日、米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。写真はオキュラス提供(2015年 ロイター)

[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] - 米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは28日、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。

本作でオキュラスのウエアラブル端末のヘッドセット「リフト」を利用すると、ツリーハウスの中に入って360度パノラマの空想世界を見渡すことができ、ハリネズミのヘンリーと共に誕生日を祝うことができる。

オキュラスは、ウォルト・ディズニー傘下ピクサーの技術者やアニメーターで映画製作部門「ストーリー・スタジオ」を設立している。本作は短編映画5本の一部となる予定だが、同スタジオによると、商業ベースで公開する予定はなく、あくまで試作品だという。

オキュラスの創業者、パーマー・ラッキー氏は「誰もがVR技術を気に入るとはまったく思っていないが、誰もがこの技術を利用するようになるだろう」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。