オキュラス、仮想現実利用映画第2弾を公開

端末を利用すると360度パノラマに

 7月28日、米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。写真はオキュラス提供(2015年 ロイター)

[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] - 米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは28日、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。

本作でオキュラスのウエアラブル端末のヘッドセット「リフト」を利用すると、ツリーハウスの中に入って360度パノラマの空想世界を見渡すことができ、ハリネズミのヘンリーと共に誕生日を祝うことができる。

オキュラスは、ウォルト・ディズニー傘下ピクサーの技術者やアニメーターで映画製作部門「ストーリー・スタジオ」を設立している。本作は短編映画5本の一部となる予定だが、同スタジオによると、商業ベースで公開する予定はなく、あくまで試作品だという。

オキュラスの創業者、パーマー・ラッキー氏は「誰もがVR技術を気に入るとはまったく思っていないが、誰もがこの技術を利用するようになるだろう」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。