100万ドルの金加工品、フロリダ沖で発見

300年前のスペイン難破船から

 7月27日、1715年にフロリダ沖に沈んだスペイン艦隊の難破船から、100万ドル(約1億2350万円)以上の価値がある金の加工品が見つかった。提供写真(2015年 ロイター/Queens Jewels LLC)

[オーランド(米フロリダ州) 27日 ロイター] - 1715年にフロリダ沖に沈んだスペイン艦隊の難破船から、100万ドル(約1億2350万円)以上の価値がある金の加工品が見つかった。

発見されたのは51枚のフェリペ5世金貨と華麗な装飾を施した長さ40フィート(12メートル)の金のチェーンなど。難破船の権利をもつ財宝回収会社によると、回収作業を委託していた米フロリダ州の一家が財宝探しを何年も続けた末に発見したという。

同社の話では、キューバから本国に向かうスペイン艦隊がフロリダ沖合でハリケーンに遭遇し、11隻が沈没してから今週ちょうど300周年を迎える。積荷目録によると、現在の価値で約4億ドル相当を積んでいたとされる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。