内外で得た知見と経験を新サービスに

帝国ホテル元社長・犬丸一郎氏②

いぬまる・いちろう 1926年生まれ。慶応大学卒業、49年帝国ホテル入社。50年米国に留学。大学で学んだほか高級ホテルにも勤務。帰国してからは副総支配人、常務、専務、副社長を経て86年社長就任。97年から顧問を務め99年退社。近著に『軽井沢伝説』がある。

海外から帰国してから、いろいろなことを提案していきました。まず食事ですが、昔の日本のホテルは、朝昼晩の食事を提供する時間が決まっていたんです。時間帯を外すと、お客様は食事を取れない。それはおかしいだろうということで、ガーデンバー(当時)で軽食を取れるようにしたんです。夕食の時間帯も拡大しました。

立食ビュッフェや催し物も提案しました。「バイキング」もそうです。この原型は北欧の「スモーガスボード」。ようするに、ダーッと料理が並べてあって、自分で勝手に取ることができる。いくら食べても値段は変わらない。米国滞在中に見たことがあって、ああなるほど、これはいいと思っていたんです。導入しようという頃、『バイキング』という映画が上映されていたので、そこから名前をつけました。

数々の工夫をしてきた

1960年には、オリンピック組織委員会から頼まれて、当時の村上信夫・新館料理長とローマオリンピックに行きました。次が東京オリンピックでしたから、選手村レストランの運営などを視察したのです。

建物も工夫しました。ニューヨークで僕が働いたウォドルフ・アストリアには、VIP専用のエントランスがあったんですね。VIPはすぐエレベーターに乗ることができますし、警備するのも楽でしょう。そこで、同じようなものを70年の新本館開業時に導入しました。またホテル内は段差を作らないようにしました。最近のホテルの中には、バーに行くのに段差があったりするところもありますが、薄暗いところに段差を作ってはいけないんです。

宿泊客専用のミュージックルームも作りました。防音設備のある部屋にグランドピアノを置いています。というのも、帝国ホテルには数多くの音楽家が泊まられています。海外から招待された音楽家が、ちょっとピアノを練習しよう、声を出そうとしても、そういった部屋がなかったら不自由ですからね。

これも工夫といえますが、エレベーターは鏡がないものが多いので、鏡をつけて一輪挿しを置いています。鏡があれば、お客様もちょっと確認して身なりを直すことができるでしょう。そう、帝国ホテルの靴磨きの一人は、僕がヘッドハンティングしたんですよ。ホテル近くにあった三信ビルの外で商売していて、僕も時々磨いてもらっていた。「ところで、雨が降ったらどうするんだ」と聞くと「仕事はできません」って。「じゃあ、俺のところでやってみないか」となったわけです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT