北朝鮮、首都に自転車専用レーンを導入

歩行者を巻き込む事故を減らすため

 7月14日、北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。写真は平壌で10日撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。自転車は依然として高価な乗り物だが、購入できる世帯が増える中、歩行者が巻き込まれる事故を減らすことが目的とみられる。

北朝鮮では自動車所有者は増えているもののまだまれで、自転車は人気の移動手段となっている。北朝鮮ツアーを提供する旅行代理店によると、自転車利用者は過去数年で約50%増えたとみられる。

自転車専用レーンの写真をみると、歩道の上に舗装された緑色のレーンが完成しており、自転車のマークが描かれている。

北朝鮮の住民らの話では、自転車はこれまで自動車と同じ道路ではなく歩行者の利用する歩道を走っていたため、事故が多発していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT