北朝鮮、首都に自転車専用レーンを導入

歩行者を巻き込む事故を減らすため

 7月14日、北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。写真は平壌で10日撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。自転車は依然として高価な乗り物だが、購入できる世帯が増える中、歩行者が巻き込まれる事故を減らすことが目的とみられる。

北朝鮮では自動車所有者は増えているもののまだまれで、自転車は人気の移動手段となっている。北朝鮮ツアーを提供する旅行代理店によると、自転車利用者は過去数年で約50%増えたとみられる。

自転車専用レーンの写真をみると、歩道の上に舗装された緑色のレーンが完成しており、自転車のマークが描かれている。

北朝鮮の住民らの話では、自転車はこれまで自動車と同じ道路ではなく歩行者の利用する歩道を走っていたため、事故が多発していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。