北朝鮮、首都に自転車専用レーンを導入

歩行者を巻き込む事故を減らすため

 7月14日、北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。写真は平壌で10日撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。自転車は依然として高価な乗り物だが、購入できる世帯が増える中、歩行者が巻き込まれる事故を減らすことが目的とみられる。

北朝鮮では自動車所有者は増えているもののまだまれで、自転車は人気の移動手段となっている。北朝鮮ツアーを提供する旅行代理店によると、自転車利用者は過去数年で約50%増えたとみられる。

自転車専用レーンの写真をみると、歩道の上に舗装された緑色のレーンが完成しており、自転車のマークが描かれている。

北朝鮮の住民らの話では、自転車はこれまで自動車と同じ道路ではなく歩行者の利用する歩道を走っていたため、事故が多発していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。