北朝鮮、首都に自転車専用レーンを導入

歩行者を巻き込む事故を減らすため

 7月14日、北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。写真は平壌で10日撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮は、首都平壌の幹線道路沿いに自転車専用レーンを導入した。自転車は依然として高価な乗り物だが、購入できる世帯が増える中、歩行者が巻き込まれる事故を減らすことが目的とみられる。

北朝鮮では自動車所有者は増えているもののまだまれで、自転車は人気の移動手段となっている。北朝鮮ツアーを提供する旅行代理店によると、自転車利用者は過去数年で約50%増えたとみられる。

自転車専用レーンの写真をみると、歩道の上に舗装された緑色のレーンが完成しており、自転車のマークが描かれている。

北朝鮮の住民らの話では、自転車はこれまで自動車と同じ道路ではなく歩行者の利用する歩道を走っていたため、事故が多発していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT