営業利益率15%以上、縮小市場でも儲かる!--ネスレ日本・高岡社長が語る高収益体質の秘訣

--もう一つの柱であるコーヒーでも大きくビジネスを転換されました。
 
 09年に投入したのが「バリスタ」というコーヒーマシンだ。従来のコーヒーマシンはコーヒーの粉末を使用するが、「バリスタ」ではインスタントコーヒーを使用、しかも弊社の製品しか使えないという仕組みになっている。

マシン本体の価格は低く、本体で利益は出ないが、専用の詰め替えパックで儲ける仕組み。今までにないこのビジネスモデルにより、09年4月の発売以降、11年6月までで累計50万台を販売した。一般的なコーヒーマシン市場で年間100万台が入れ替わると言われる中、この数字は際立っている。

特売が多く採算性が低いコーヒーでも、状況の打開には新しいビジネスモデルが必要だった。消費スタイルも変化しており、もはや競合は味の素ゼネラルフーヅ(AGF)のようなコーヒーメーカーではなく、スターバックスのようなカフェだと認識していたからだ。ならば、カフェで何百円も高い料金を払うなら、同じクオリティのものを低価格で消費者に提供しようと考えた。

私は日頃からスローガンとして、「ゲームのルールを変えろ」と言っている。市場の縮小、原材料高、消費者の低価格志向など課題は多いが、ニトリやユニクロを見ると、自社で製品の企画を行い、自前の小売店を通じて販売するという新しいビジネスモデルで成功を収めている。

--ネスレ日本副社長時代、10年1月には菓子部門、ペットフード部門の子会社をネスレ日本の本体に統合し、社長就任後の11年1月には製造部門も取り込みました。どのような効果が出ていますか。

これまで別会社で販売していた異なるカテゴリーの商品が一つ屋根の下に集まったことで、シナジー効果が出ている。たとえば、コーヒーやチョコ菓子を営業する際、これまでは小売店に対して商品ごとに販売の提案をしていた。

現在は「うちなかカフェ」というコンセプトを立てて、コーヒーやチョコ菓子を同じ売り場に置いてもらっている。家でコーヒーを飲むときには「キットカット」のようなチョコ菓子も一緒に食べよう、という販促スタイルだ。

複数ブランドを一緒に持っていけるというのは、他の会社にはまねできないやり方で、明らかに提案力がある。それが、今回の好業績にも結びついた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT