食糧危機が日本を襲う! 柴田明夫著

食糧危機が日本を襲う! 柴田明夫著

食糧問題の専門家である著者は、本格的な食糧危機の時代が到来しつつあると見る。相次ぐ異常気象、投機マネーの流入、新興国の需要拡大、水不足、増え続ける人口などの要因によって、世界の食糧需給はますます逼迫していくというのだ。

もともと食料自給率の低い日本はそれだけでも大変なのに、今回の震災と原発事故が、さらなる追い打ちをかける結果となった。国内農業の生産力を見直し、不安定化する穀物市場に備えるべきとして、第1次産業である農業の再生のための課題と、新たなアグリビジネスでの成長戦略を中心に論じている。国家プロジェクトとしての農業の位置づけと、食糧戦略の重要性について併せて提言する。

角川SSC新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。