着実に進む人民元の国際化


オフショア市場が活況に

香港での人民元建て債券発行は規制が緩和され、香港の銀行として09年6月にHSBC、10年8月にはマクドナルドが外資系企業初の起債を行い、11年3月には日本企業として初めてオリックスが起債した。世界銀行やアジア開発銀行なども債券を発行している。

香港で人民元口座を開設した場合は資金決済を自由に行うことができ、モノやサービスの裏付けがなくても構わないので、取引が拡大している。「シンガポールやロンドンは人民元のオフショア市場に名乗りを上げている」(国際通貨研究所・植田氏)。東京市場も日本と中国との関係を考えれば名乗りを上げてもよいのではないか。
(週刊東洋経済)
Photo:Yongxinge Creative Commons BY-SA

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT