着実に進む人民元の国際化


オフショア市場が活況に

香港での人民元建て債券発行は規制が緩和され、香港の銀行として09年6月にHSBC、10年8月にはマクドナルドが外資系企業初の起債を行い、11年3月には日本企業として初めてオリックスが起債した。世界銀行やアジア開発銀行なども債券を発行している。

香港で人民元口座を開設した場合は資金決済を自由に行うことができ、モノやサービスの裏付けがなくても構わないので、取引が拡大している。「シンガポールやロンドンは人民元のオフショア市場に名乗りを上げている」(国際通貨研究所・植田氏)。東京市場も日本と中国との関係を考えれば名乗りを上げてもよいのではないか。
(週刊東洋経済)
Photo:Yongxinge Creative Commons BY-SA

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT