齋藤飛鳥が語る「ヒーロー」は意外な人物だった 乃木坂46を卒業して、生活はどう変わったのか

拡大
縮小
ラベンダーの花束を持つ齋藤飛鳥さん
齋藤飛鳥さんが語る真のヒーローとはーー(撮影:長田慶)
この記事の画像を見る(7枚)

ラベンダーの花束を持ち、その穏やかな香りに包まれた齋藤飛鳥は、煌びやかな衣装で撮影に臨んでいた。フォトグラファーがレンズを交換している間に、彼女は微笑みながら「ラベンダーの香りがいいですね」と静かに言った。自然体でリラックスした様子が、彼女の等身大の一面に触れているような気がした。

大切にしているのは学び続ける姿勢

乃木坂46を2023年5月に卒業してから、齋藤飛鳥の生活は大きな変化を遂げた。

「自分の時間を確保できるようになり、穏やかに生活しています。仕事も以前よりも一つ一つを濃密に、丁寧に、そしてしっかりと向き合うことができるようになったと感じます」と、新たなステージでの取り組みを明かした。

芸能界にアイドルを目指して入った彼女は、国民的アイドルグループ・乃木坂46でクールで格好いい印象を放つ、アイドルらしい可愛らしさとは異なる絶対的エースだった。

変わった環境の中で彼女が大切にしているのは、過度に考えすぎず、それでもつねに考え、学び続けることだった。

「エンターテインメントの仕事では日々さまざまなことがありますが、考えても仕方ないことが多く、考えるけれども思い悩まないようにしていて、『なるようになるさ』という気持ちを大事にしています。演技に関しては、正直なところ、まだわからないことが多いので、共演者の皆さんやスタッフさんから学び続ける姿勢を持ち続けたいと思っています」

次ページ映画『マイホームヒーロー』で刑事役に挑戦
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT