石巻が復興する日まで頑張りたい--宇都宮の中小企業経営者らが超長期の支援活動


 センターは最近、全国から来るボランティアの活動をコーディネートする役目も引き受けている。東京の企業などが石巻を訪れる際、地元での支援先探しも手がけている。

「石巻が復興にこぎつける日まで頑張りたい」と青木さんや佐々木さんは声をそろえる。ちなみに記者は3月27日に石巻中を訪れた際に青木さんらの活動を目撃した。
 
 「3カ月も経過する中でそろそろ活動は終息に向かっているのだろうか」と思って連絡してみたところ、石巻にすっかり根を張っていた。その努力にエールを送りたい(石巻復興サポートセンターの所在地は石巻市立町2−5−18、連絡先080−3307−7050)。

石巻復興サポートセンターの活動に関するブログは以下URL
http://ameblo.jp/isc311/


(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

■写真 右端の人物が青木さん、中央が佐々木さん、左端が地元住民の遠藤司さん(48)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT