「オードリー」東京ドーム公演に導いた若林の異能 大成功しても残る、売れなかった頃のくすぶり感

拡大
縮小
オードリー オールナイトニッポン 東京ドーム
(画像:番組公式ホームページ)

2024年2月18日、東京ドームにて『オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム』というイベントが行われる。お笑いコンビ・オードリーのラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のイベントである。

すでに追加発売を含めたチケット5万枚が完売しており、芸人のライブとしては史上最多の5万人を動員するビッグイベントとなる。

さらに言えば、このイベントのチケットを求めていたファンの数は5万人をはるかに超えている。チケット発売時には、抽選に漏れてチケットを獲れなかった大勢のファンの阿鼻叫喚の声がSNS上にこだましていた。

ラジオ界屈指の大人気番組

単なるラジオ番組のイベントがなぜそこまで盛り上がっているのかといえば、『オードリーのオールナイトニッポン』がラジオ界屈指の大人気番組だからだ。

この番組が始まったのは2009年。2008年の『M-1グランプリ』で準優勝してブレークのきっかけをつかんだオードリーは、2009年に大躍進を遂げた。毎日のようにテレビに出続けて、時代の寵児となった。『オードリーのオールナイトニッポン』は、そんな怒涛の日々の中で始まった。

当時はオードリーといえば若林正恭よりも春日俊彰のほうが注目されていた。春日はいわゆる「キャラ芸人」のお手本のような存在だった。ピンクベストにテクノカットで胸を張って悠然と歩くというわかりやすい特徴があり、しゃべり方も独特だった。「トゥース!」「ヘッ!」「バーイ」といった決めフレーズも豊富にあった。

さらに、私生活でも奇人変人ぶりを発揮していた。無類の倹約家で、仕事が増えてからも家賃3万9千円の風呂なしアパートに住み続けた。普段は風呂に入らず、赤ちゃんのお尻拭きで体を拭くだけだった。楽屋でタダでもらえる飴を水に入れて溶かし、飴ジュースとして飲んでいた。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT