令和ロマンで話題「大学お笑い」勢いを増す背景 R-1やキングオブコントでも存在感が高まる

拡大
縮小
M-1グランプリ 令和ロマン
M-1グランプリ2023で優勝した令和ロマン(写真:公式Xより引用)

昨年12月24日、令和ロマンが第19代王者となって幕を閉じた『M-1グランプリ2023』。改めて振り返ると、“大学お笑い”出身者が目立つ大会でもあった。

優勝した令和ロマンの髙比良くるまと松井ケムリは、慶應義塾大学のお笑いサークル「お笑い道場O-keis」の先輩・後輩という間柄だ。3年連続決勝進出を果たした真空ジェシカの川北茂澄も同じサークル。相方のガクは青山学院大学の「ナショグルお笑い愛好会」に所属しており、学生芸人として交流を深めた。

準決勝でも大学お笑い出身者が目立つ

準決勝メンバーに目を向けると、ママタルトの大鶴肥満が明治大学の「木曜会Z」、相方の檜原洋平はサークルに所属こそしていないが、大学時代に組んでいたコンビで『学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!』(テレビ朝日)の「わらいのゼミナール」から生まれた大会『第3回わらいを愛する学生芸人No.1決定戦~アマがプロに勝つ!? お笑い下克上元年~』に出場し優勝している。

「わらいのゼミナール」では、2011年~2015年頃まで学生芸人のライブや大会が開催されており、真空ジェシカのほか、さすらいラビー(中田和伸が一橋大学の「IOK」、宇野慎太郎が「ナショグルお笑い愛好会」)、ひつじねいり(細田祥平が「お笑い道場O-keis」)、Gパンパンダ(早稲田大学の「お笑い工房LUDO」)ら現在も賞レースで活躍する顔触れが出場していた。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT