オリンパスとキヤノン、「昔はカメラ競合」の協業 医療強化の流れで光学機器大手が合従連衡

拡大
縮小
キヤノンとオリンパスが協業
協業を発表したオリンパスのドレバロウスキー最高内視鏡事業責任者(左)とキヤノンメディカルシステムズの瀧口社長(写真:風間仁一郎)

内視鏡世界トップのオリンパスとキヤノンの子会社で医療機器大手のキヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)が1月15日、協業を発表した。超音波内視鏡検査で使用する超音波診断装置をキヤノンメディカルがオリンパスに提供する、という内容だ。

「オリンパスとキヤノンの専門性とサポート体制を合わせたソリューションにより、患者に最適なケアを提供できる」。同日開催された記者会見の場で、オリンパスの最高内視鏡事業責任者であるフランク・ドレバロウスキー氏は協業に期待を込めた。

内視鏡の領域にこれまで参入していなかったキヤノンメディカルにとっても、協業は自社の技術を生かす機会となる。

超音波診断装置をキヤノンメディカルが提供

臓器などから跳ね返る超音波を基に体内の様子を画像化するのが超音波診断装置。身近なところでは、産婦人科で妊婦の胎内の様子を観察する際に一般的に使用されている。身体を傷つけることなく体内を観察できるのが特徴だ。

超音波内視鏡はその先端で超音波の受送信ができる。体内に挿入することで、胃壁の先など内視鏡が届く臓器の外側を観察できる。跳ね返る超音波を画像化するために必要な超音波診断装置を、キヤノンメディカルがオリンパスに提供する。

オリンパスの超音波内視鏡
超音波内視鏡の先端部。カメラで臓器内部をとらえるだけでなく、超音波の受送信ができる(撮影:風間仁一郎)

超音波内視鏡を使った診断が生かせると、とくに期待されているのが膵臓(すいぞう)や胆嚢の診断だ。膵臓は胃の後ろ側にある。超音波内視鏡を胃まで挿入することで膵臓の観察が可能になり、がんなどの疾患の発見につながると期待されている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT