日本は11万人不足「セキュリティ人材」確保の難題 人材は前年比23.8%増も需給ギャップ過去最大

拡大
縮小
パソコンとセキュリティマーク
サイバーセキュリティ人材の需給ギャップが拡大している(写真:metamoworks/PIXTA)

400万人ーー。世界のサイバーセキュリティ人材はこれだけ不足しているという。

この試算を出したのは、サイバーセキュリティに関する資格認定などを専門とするアメリカのNPO団体、ISC2(International Information Systems Security Certification Consortium、国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム)だ。

毎年独自に人材調査を行っており、最新となる2023年版は、北米、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカ、中東、アフリカに居住する1万4865人のサイバーセキュリティ実務者を対象にオンライン調査を実施した(日本の回答者は936人)。

今回の400万人という需給ギャップは、ISC2の試算としては過去最大の規模だ。

人材需給ギャップの増加率が最も高い日本

日本も約48万1000人と前年から23.8%人材が増加した一方、需要は59万1000人と33%増加。需要に対して11万人足りず、人材不足の状況は悪化している。しかも、日本は人材需給ギャップの増加率が対象国の中で最も高かった。

日本の人材需給ギャップ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT