アップル、AppleWatchのOSをアップデート

iPhoneに繋げなくてもアプリの利用が可能に

6月8日、米アップルのクックCEOは、アップルウオッチ向けOSのアップデートを発表。写真は8日サンフランシスコで開催された年次開発者会議で挨拶するクックCEO(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 8日 ロイター] - 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は8日開催した年次開発者会議で、腕時計型ウエラブル端末「アップルウオッチ」向け基本ソフト(OS)のアップデートを発表した。アプリの処理速度が速まるほか、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」につなげることなく、アップルウオッチ向けのアプリが使用可能になるとしている。

アップルはまたモバイル決済サービス「アップルペイ」について、取り扱い銀行数がすでに2500行以上に拡大し、使用可能な店舗が来月100万を超えると明らかにした。来月には英国でもサービスを開始するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT