アップル、AppleWatchのOSをアップデート

iPhoneに繋げなくてもアプリの利用が可能に

6月8日、米アップルのクックCEOは、アップルウオッチ向けOSのアップデートを発表。写真は8日サンフランシスコで開催された年次開発者会議で挨拶するクックCEO(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 8日 ロイター] - 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は8日開催した年次開発者会議で、腕時計型ウエラブル端末「アップルウオッチ」向け基本ソフト(OS)のアップデートを発表した。アプリの処理速度が速まるほか、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」につなげることなく、アップルウオッチ向けのアプリが使用可能になるとしている。

アップルはまたモバイル決済サービス「アップルペイ」について、取り扱い銀行数がすでに2500行以上に拡大し、使用可能な店舗が来月100万を超えると明らかにした。来月には英国でもサービスを開始するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT