アップル、AppleWatchのOSをアップデート

iPhoneに繋げなくてもアプリの利用が可能に

6月8日、米アップルのクックCEOは、アップルウオッチ向けOSのアップデートを発表。写真は8日サンフランシスコで開催された年次開発者会議で挨拶するクックCEO(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 8日 ロイター] - 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は8日開催した年次開発者会議で、腕時計型ウエラブル端末「アップルウオッチ」向け基本ソフト(OS)のアップデートを発表した。アプリの処理速度が速まるほか、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」につなげることなく、アップルウオッチ向けのアプリが使用可能になるとしている。

アップルはまたモバイル決済サービス「アップルペイ」について、取り扱い銀行数がすでに2500行以上に拡大し、使用可能な店舗が来月100万を超えると明らかにした。来月には英国でもサービスを開始するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。