浜岡停止の追加燃料費は必ず国に負担させる--愛知県知事 大村秀章

拡大
縮小
浜岡停止の追加燃料費は必ず国に負担させる--愛知県知事 大村秀章

浜岡原子力発電所の運転を停止した中部電力は、休眠中の火力発電所の再稼働により、今年度は概算2500億円の燃料費増が見込まれている。

争点は、このコストを誰が負担するのかだ。5月9日に停止要請受け入れを表明する前日、中電は経済産業省と五つの確認事項で合意しており、その中には「過度な負担の回避・軽減に向け国として十分な支援をお願いしたい」という文言がある。

この確認事項もあることから、愛知県の大村秀章知事をはじめとする中電管内5県の知事は5月31日、追加コストを国が負担するよう要請した。ところが、民主党の岡田克也幹事長は「中電のリストラで対応するべき」と枠組み作りを拒否。この政府の姿勢に、大村知事は激しく反発している。

──増加する燃料費は国が全額負担するべき、と主張しています。

これまでの経過を見てもらえればわかるが、私は極めて当たり前のことを申し上げている。菅直人総理は、正常に運転されている浜岡原発を、法律に基づかない要請、お願いによって停止するよう求めた。中電は、この要請を受け入れるに当たって「国が最大限の支援を行う」という点を確認もしている。にもかかわらず、追加コストは中部5県の産業や県民がかぶってください、というのはどう考えてもおかしい。

総理が停止要請の記者会見を行ったのは5月6日。その翌日、5月7日午後に菅総理から電話があった。そのときに私はこう申し上げた。私のところにも浜岡原発をすぐに止めろという要望がメールなどでたくさん来ている。しかし、正常に運転しているものを止めるよう求めてしまえば、次は柏崎刈羽だ、敦賀だ、若狭だ、となり、日本全国の原発はドミノ倒しになる。もし原発が全部止まったら日本経済は壊れてしまうと考え、浜岡停止を口にするのは控えてきたんだ、と。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT