定年後「地方に移住した」男性3人懐具合のリアル 住宅は賃貸か、購入か―移住成功者の目線

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小
地方移住
定年後は賃貸と持ち家、どっちがいいのか。地方に移住した3人に住宅や今の懐事情を聞きました(写真:PIXTA)

現役時代に家を賃貸にすべきか、購入しておくべきかというよく聞かれる比較論に、定年後の移住成功者の目線で答えを考えてみたいと思います。ここ3年ほど、退職を機に地方都市に移住した60代の方々にインタビューを続けていて、その数はすでに30人を超えています。そこで今回は、その中から住宅にまつわるエピソードを3つ紹介したいと思います。

高級賃貸→実家に戻って親元暮らし

ケース1.現役時代に家は買わなかったKさん

最初は定年を機に倉敷に移住されたKさん。大手製薬会社で営業職を続けてきたKさんは、奥様とはかなり前に離婚し、退職を機に1人暮らしをしている母と一緒に住むために倉敷市に移住しました。

現役時代は、単身生活だったことに加え、転勤が多かったことから家を買うというモチベーションはまったくなかったようです。会社の家賃補助など手厚い福利厚生制度があったので、何となくいいマンションを借りて賃貸生活を続けていたのですが、定年になると家賃負担が一気に重く感じるようになり、親元に戻って生活をすることを決断しました。

Kさんは現在、完全な無職。ただ退職金3000万円は手つかずに残っており、自身の厚生年金13万円程度と母親の遺族年金10万円で「普段の生活に特に不自由はない」とのことです。

とはいえ築年数の経過で近い将来住宅のリフォーム費用が懸念され、また母親の介護が必要になった時にどうなるのか、自分が1人になった時にどういった生活になるのかも気になっている様子でした。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT