ごみ収集車から流れる「音楽」の知られざるひみつ かつて「放送中止騒動」も、「赤とんぼ」が多い理由

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
清掃車から流れるメロディのひみつに迫ります(写真:years/PIXTA)
この記事の画像を見る(6枚)
皆さんの住む地域では清掃車から音楽は流れてくるだろうか? 筆者が幼少期から住んでいた兵庫県尼崎市では、清掃車が来る時には「赤とんぼ」のメロディが流れていたので、ごみ収集はメロディを鳴らしながら作業すると思いこんでいた。
その後移り住んだ京都市では清掃車からメロディは流れておらず、また、東京に出てきて住んだ練馬区と板橋区でも清掃車からのメロディは流れていなかった。ごみ収集の調査で入った神奈川県座間市では収集時に「乙女の祈り」を流しており、清掃車に「赤とんぼ」とは違うメロディがあるのを知った。
本稿では清掃車のメロディにスポットを当ててみたい。今では考えられない理由での放送中止騒動もあった。

清掃車のメロディの提供元のひとつは「ノボル電機」

清掃車から流れるメロディは業務用拡声音響装置から流れている。この装置を製造する会社のひとつ「ノボル電機」を取材した。同社は1945年に大阪市東成区で創業し、ホーン型スピーカーの設計や製造を手掛け、2018年に大阪府枚方市に本社工場を移転している。

2018年に社長に就任した猪奥元基氏は、「これまで蓄積してきた技術を多くの人々に身近に感じてほしい」との思いから、一般消費者向け新ブランドの「ノボル電機製作所」を立ち上げ、スマートフォン用の無電源のスピーカーやホームオーディオなどにも参入している。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT