有料会員限定

米国発の会員制スーパーが中国で快進撃する理由 イケアやユニクロにも通じる「生活インフラ」に

✎ 1〜 ✎ 421 ✎ 422 ✎ 423 ✎ 最新
拡大
縮小
武漢のサムズクラブ店舗の風景。都市部のマンション暮らしに必要な商品はどこでも変わらない(写真:Getty Images)

中国で会員制大型スーパー(ホールセールクラブ)の伸びが目立っている。グローバルな調達網による圧倒的な高品質・低価格に加え、本格的な車社会の到来、急速に進む生活様式の都市化が背景にある。

11月2日、米ウォルマート傘下の「サムズクラブ」武漢漢陽店がオープンした。中国大陸で46番目の店舗だ。サムズクラブは日本には未出店だが、世界で800店以上を展開、2023年1月期売上高は843億米ドルの巨大小売企業だ。

またグローバルの会員数1億人を誇る世界最大の会員制ホールセラー・米「コストコ」は、中国大陸6番目の深圳店を2024年1月、7番目の南京店を5月にオープンすると発表した。2019年の初出店以来、過去4年間で5店という出店ペースを速める構えだ。

総合スーパーの退潮をよそに躍進

中国ではフランス系の「カルフール」が今年106店を閉鎖、2020年末時点で200以上あった店舗は四十数店まで減少。また中国の総合スーパー大手「聯華超市」も今年130店の閉鎖を発表するなど総合スーパー退潮が目立つ。そうした中で外資系ホールセールクラブの躍進は際立っている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内