「虹彩」で認証できる世界初のスマホとは?

<動画>富士通が開発した新しい認証機能

ナレーションは英語で本文が日本語訳です(音量にご注意ください)

日本のスマートフォンユーザーは、目を瞬きするほどの短時間でロックを解除できるようになった。日本の最大手携帯電話キャリア、NTTドコモが、世界初の虹彩認証スマートフォンを発売すると発表したのだ。

このスマートさを極めた携帯電話は、画面を見つめるユーザーの目の虹彩部分を認識して、ロックを解除する。

今月下旬に発売される、富士通「ARROWS NX F-04G」に搭載されている最新機能だ。「Iris Passport」システムを使うと、約1秒でロックを解除できる。所有者の目の特徴を学習していくので、使えば使うほど、認証がより正確になっていく。

日本最大手の携帯電話キャリアであるNTTドコモは、今月下旬にこの機種を発売する。開発チームの一員であるコウヘイ・オクの話によると、新機能により携帯電話自体のセキュリティが向上するので、携帯電話を使った決済がより安全になるという。「ひとことで言ってしまうと、煩わしさが全くなくなります。今までの方式ですと、手動でIDとパスワードを入れる必要がありました。しかし虹彩認証を使えば、画面を見るだけでそれらを自動的に入力することができます。そこが強みだと思います」。

このスマートフォンには赤外線照明が搭載されているので、暗い場所でもユーザーの虹彩を素早く認識できる。便利そうな機能だが、中には使えない人もいる。「Iris Passport」は、カラーコンタクトレンズを入れていると認証できないのだ。

(シャロン・ライク記者)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT