老いの幸福論 吉本隆明著

老いの幸福論 吉本隆明著

著者の『幸福論』を10年ぶりにリニューアルして新書化した。老いてから幸福を考えるとはどういうことかを、当時76歳の思想家が縦横無尽に語り尽くしている。

超高齢化社会に突入しようとしている日本で、どう生きれば真の満足感や生きがいが得られるのかは誰にもわからないとしながらも、幸・不幸をあまり長い周期で考えないことが大事だと説く。現実の「身体の死」は明日死ぬとわかった時点で考えればいいことで、わからないうちから考えるから不幸になるのだという思考は、人生を達観した余裕すら感じさせる。

糖尿病性の精神障害を患っていることも告白。老いや持病とうまく付き合う方法などについても明かしている。

青春新書INTELLIGENCE 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。