横浜流星が語る「つねに厳しい道を選ぶ」深い理由 ボクシングプロテストに合格、大河主演も決定

拡大
縮小
春に散る
(左)佐藤浩市さん(右)横浜流星さん(©2023映画『春に散る』製作委員会)
この記事の画像を見る(3枚)
最新主演作『春に散る』(2023年8月25日公開)でボクサー役を演じ、撮影中にプロテスト挑戦を決意。そこから猛練習を経て合格し、プロボクサーC級ライセンスを取得したことが話題になった若手俳優・横浜流星。役に向き合うストイックな姿勢が印象的な横浜は、2025年の大河ドラマ『べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~』の主演も決まり、俳優人生の次なるターニングポイントを迎えつつある。そんな若き才能のまっすぐな仕事観と人生観に迫った。

俳優にならなければ格闘家を目指していた

──佐藤浩市さんとW主演する『春に散る』は、作家・沢木耕太郎さんの小説を瀬々敬久監督が映画化した、ボクシングに生きる世代の異なる2人を主人公にした人間ドラマです。本作への出演を決めた理由を教えてください。

自分はこの業界に入らなかったら、格闘家を目指していたと思います。本作に出演することで、仕事を通して夢をかなえられる楽しみが大きくて、オファーを快諾しました。その反面、ボクシングにもボクサーにもリスペクトがあるから、生半可な気持ちではやれない。覚悟が必要ではありました。

広岡仁一(佐藤)と黒木翔吾(横浜)は、同じような境遇で、一度は失敗する人生を歩んできました。でも、2人が出会ったことで再挑戦する道が開ける。そんな2人の姿に背中を押されました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT