有料会員限定

仕事で失敗しない人が持つ「契約書読み」の奥義 人任せではなく、自分で確認することがカギ

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

概要レベルなら一般のビジネスパーソンも十分に理解できる。

握手するビジネスパーソン
(写真:PIXTA)

特集「生き残るための法律術」の他の記事を読む

『週刊東洋経済』7月3日発売号では「生き残るための法律術」を特集。ビジネスパーソンが今の時代に必要な法リテラシーや法知識をまとめた。
週刊東洋経済 2023年7/8号[雑誌](生き残るための法律術)
『週刊東洋経済 2023年7/8号[雑誌](生き残るための法律術)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

契約書に関する専門家ではない読者の方が、契約書で失敗しないために注意すべき点を解説したい。

契約書は、当事者間の合意を記載した文書である。その内容は、「権利」または「義務」として整理、解釈され、原則として、裁判を通じて相手方に強制することができる。例えば、相手方が金銭を支払う約束をしたのに支払わないのであれば、裁判を経て相手方の財産を強制的に売り払って支払わせることができる。強い効力を持つため、契約書の締結は慎重に行わなければならない。

契約書は独特の言い回しで記載されているものの、原則としては記載されている文言どおりの効力を生じる。そのため、概要レベルであれば、一般的なビジネスパーソンなら契約書の内容を十分に理解できるはずである。

法的な知識が必要

次ページ読む際に意識すべきこと
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生き残るための法律術
突然やってくるトラブルの唯一の防衛策に
個人情報保護法やセキュリティーが厚い壁に
正しい知識を獲得すると仕事がぐっと広がる
人任せではなく、自分で確認することがカギ
パワハラ被害、情報漏洩など大ピンチをしのぐ
法改革で働き方やライフスタイルの変化が加速
「これぐらいなら」と思っていても事件化
サプライチェーン強靭化など4本柱のポイントは
失敗しないために重要事項説明書にも目を通す
インサイダー取引では必ず職を失うことに
相続の最大の関門を乗り切るために必要に
相手側の反発をかわしながら墓じまいをする
「制裁を与えたい」気持ちをぐっとこらえる
社会的な評価が本当に低下したのか
これからのビジネスパーソンには必要不可欠に
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内